読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユウの余裕しゃくしゃく?

アスペ持ちアラサーの日々を書き留めるチラシの裏。

お盆休み終了。

どーも、寝落ちしてて寝られないユウですヽ(・w・)ノ

寝て起きたらお盆休みが終わる(;・∀・)

築港市はご先祖様が帰るのは16日。

だから…いいよね?

 

ところで、SMAPの解散が話題をさらってるけど、私の知り合いでSMAP好きな子が

「解散しないでほしい」

と言ってる。

「1月のあれは何だったの」とも。

確かに、自分の好きなユニットやバンドが解散するってのは受け入れ難い事実。

7年前に、私もoasisの解散でかなりのダメージ受けた。

その後釜(oasis-Noel Gallagherな感じ)のBEADY EYEのアルバム買ったけど、全然ピンと来ないし、Noel Gallagher's High Flying Birdsのアルバムが出るまでは空白が埋まらなかった。

oasis再結成」って望みは何度打ち砕かれたかわからない。

だけど、時間は不思議なもので、

「フェスで世界中回ってる間だったし、主催者や楽しみにしてた人にも迷惑はかかったし、ガッカリさせることになったけど、このタイミングで解散することになってたんだ。運命だと思えば仕方ないな…」

と思えるようになってきた。

SMAPに話を戻す。

「解散しないで」

というファンの願いは届いた。一度は。

だけど、(批判される覚悟で言うけど)バラバラの状態でSMAPが維持されるのと、解散するのとでは、ファンとしてはどっちがいいんだろう。

「解散しないで」派なら、前者になるし、「解散しゃーなし」派なら、後者になる。

心の支え、日常の彩りになっているのは両者とも変わりない。

私は「解散しないで」派の知り合いもいるし、家族は「解散しゃーなし」派だから何とも言えない。

「延命治療をどこまでするか」

という問題にも似てる。

これは読んでる人の価値観にもよるから、私本人の意見は控える。

「今回の解散はビートルズの解散に似てる」と言ったジャーナリストの人がいた。

曰わく、ビートルズにはブライアン・エプスタインという有能なマネージャーがいて、「ビートルズの育ての親」と言っても過言ではない人が亡くなって以降、まとまりがとれなくなって、最終的には解散したという。

ビートルズ好きだから、ブライアン・エプスタインの死がきっかけでビートルズがバラバラになった、という例えで理解できた。

SMAPの件も「育ての親」のようなマネージャーの退社が影響してるという噂だし。

SMAPのファンの知り合いが、時間がかかってもいいから穏やかな日々を取り戻すことを願いつつ。

そいじゃ、また…。