ユウの余裕しゃくしゃく?

アスペ持ちアラサーの日々を書き留めるチラシの裏。

落差激しすぎィ!

どーも、今日も覚えることがたくさんあったユウですヽ(・w・)ノ
今日は感情のジェットコースターになるので、読んで具合の悪くなる方はスルー推奨⚠

※ローラースルーゴーゴー、本文には登場しません

富士急ハイランドのすごい絶叫マシンぐらい行く自信がある?
まあそれはさておき。
今日も仕事は忙しかった。
何人かでいくつかの部屋でわちゃわちゃとやっているので、まあそれはいい(;・∀・)
問題のクリームチーズ切りは、厚めに切って、切り分け方を変えたら所要の量になったので、自分なりに向上してきたかなー…。
プロセスチーズ、憧れのダイスカットにはまだまだ遠い。
だけど、おおよその量を計算して切る→細かく切ることで時短はできた?
とにかく切る、計量する仕事が訓練中なので多い?
うまくできなくて、かなり落ち込んだりするけど、まだまだ始めて8日目。
蝉ならギリギリだけど、人間なら慣れてなくて当たり前だし?

八日目の蝉 通常版 [DVD]

八日目の蝉 通常版 [DVD]

午前中に、余裕を少し残して切る作業が終わってよかった( ̄∀ ̄;)
レタスを大きいたらいの水の中に離す作業は、地味だけど翌日のサンドイッチには重要✨
パリパリのレタスが挟まってたら、やっぱりお客さんなら嬉しいよね?

昼休みに社販のサンドイッチとパンを買って、休憩室で食べていたら、別の部屋で作業してるおばさんに話しかけられた。
聞くところによると、
・最近は人手不足だから色々な作業があるけど、切って計るのを任されるのは珍しい
・おばさんたちが部屋で作業してる時に、ここ数日は、すでにチーズ(前述)がスタンバイしてる状態になっててありがたい
…嬉しくて涙出そうだった?
おばさんも、私も、クリームチーズが入った黒糖パンを買っていたから、「自分のついでに」レンジで温めてくれた。
何かすごくおいしかった。いろんな意味で。

午後の計量作業を終え、帰宅したら、先月末までお世話になっていた雑貨屋から給与明細が届いていた。
封筒を開けてみたら、こんな内容だった。
「ユウ様
平成28年2月分の給与明細を送付いたします。
・給与明細 1通」
「ご査収ください」とかってないのかい?
確かに、前のところで、後半は体調を崩して、行くことがままならないことが多かった。
それで私に相談もなく「午後から出勤ね」って言ってきたり、「どんなに反論言っても午後出勤は覆らないよ」って言ってきたり、それでどんどん信頼感がなくなっていった。
朝行く時に、お腹が痛くなることは最初はなかったのに、後半はしょっちゅう( ノД`)
しょっちゅう( ´Д` )
すべての職員さんがそうじゃなかったけど、ぞんざいに扱われると、モチベーションって不思議な程下がる。
「飼い殺しになってる」感じがして、「もっと私(というか人間)を大事にしてくれるところにいたい?」と願うようになり、ワーカーさんに紹介してもらったところが今のところ。
時給で言えば、今のほうが安い。
だけど、その分、ぞんざいに扱われることが今のところなくなって、精神的に安定してる?

暁


一瞬、「心にある太陽が燃え尽きそう」になったけど、自分は「決して無力じゃない」とわかったから、まだがんばれると思ったんだ。
だから、気張りすぎるのはよくないけど、飼い殺しの3ヶ月の悔しさや、悲しみは、パン屋さんで一生懸命やることで成仏させる。
そいじゃ、また。