読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユウの余裕しゃくしゃく?

アスペ持ちアラサーの日々を書き留めるチラシの裏。

忘年会の思い出

[Days]

トピック「忘年会」について

どーも、ユウです ( ̄▽ ̄)
まだ社会人2年目の時の忘年会が、いつまで経っても忘れられないんです。
当時、ものすごいお堅い職場に勤めてて、職場の方の
「今日は飲むぞ~!!!」
というモチベーションが半端でなくて( ´Д` )
私は席順を決めるくじ作り担当。
忙しい職務の合間を縫って、ローカルから芸能、スポーツまでの時事ネタを網羅した(笑)くじを作った。
同じ部署の方と、垂れ幕や職場内ニュース、くじ、そして大量のビール🍺などの酒を準備。
隣の席は同じ部署の方(仮に「西川」)、向かいは私をサッカー沼に引き入れた方(仮に「小島」)。
そして忘年会が始まった。

「カンパーイ🍻」
その号令は、地獄の始まりのゴング。
私(ユウ)は下戸だが、ハイチオールCとウコンを摂取して、事前に悪酔い対策をしてたんだよ。
だけど向かいの小島が、ビールをどんどんついでくる。
「ユウさん、全然飲んでないじゃないすか」
小島は「俺の酒が飲めないのか」と言わんばかりにビール責めをする🍺
私はビールよりも、目の前のカニや茶碗蒸しを食べたいんだよ😒
「これはパンだ…液体になったパン…」
と自分に言い聞かせて飲んだよ…。
(麦と酵母でできてるから、苦味の中に食パンの味を見いだせる)
ビールをついで回れ、と言われ、別の部署の人に酒をつぎに行って飲んでもらう。
その隙に、ウイスキーの水割り用の水を飲んで、アルコールを早く追いだそうとしてた。
お手洗いに立ったら、西川と出くわした。
西川はやにわに
「ユウさん、障害あるでしょ」
と言ってきた😱
前月に「広汎性発達障害(強いて言えば、アスペルガー症候群)」診断を受けてはいたものの、障害なんて、この場に相応しくないトピックについて話したくない。
ましてや、診断がついたことを受け止めることができてない。
「今はそんな話をしないで下さい」
と西川に言ったけど、食い下がってきた。
楽しくない…帰りたい…(´-ι_-`)
席に戻ったら、茶そばとうな重があった。
アレルギー症状が出るから、数年来避けてきた茶そば。
すごく美味しかったよ…
※アレルゲンを積極的に摂取する行為は、絶対に真似をしないで下さい!!!
うな重、表面がカリッと焼けてて、あっさり目のタレとマッチして美味しかったよ…
一次会がお開きになり、二次会へ。
お局様の一言で連行された(›´ω`‹ )
「もうやめて、ユウのアルコールの許容量はもうゼロよ!!」
と体が悲鳴をあげてるのがわかったのに。
二次会では別部署のバイきんぐ小峠っぽい人に、
「ユウさん、今の仕事向いてないよ」
とか、聞きたくもないアドバイスをされたり、アルコールの取りすぎで幽体離脱しかけたり、散々だった。
もちろん次の日は(ウコンもハイチオールCも空しく)二日酔い。
しかも、その日は実家に帰るついでに、地元の病院に通院があった日。
地獄以外の何物でもなかった(。´Д⊂)

おまけ。
後日、忘年会で余ったビール(ロング缶3本)を、
「ユウさんは若いから」
と言うワケわからない理由で、お局様から押しつけられた。
結局、父にあげて、父の会社の人に飲んでもらった。